ガジェット好きは賢く生きたい

ガジェット(特にAmazonEcho)の情報を発信します。

XiaomiからEchoDotそっくりのコルタナスピーカーが登場!?

f:id:nktroad:20171230214734p:plain

 

本記事は以下のサイトの情報を多く含んでおります。

Xiaomi Launches Yeelight Voice Assistant, Looks Identical To Amazon Eco Dot - Gizmochina

 

 

Xiaomiといえば‥‥‥

Xiaomiといえば、高コストパフォーマンスのスマートフォンを発売している中国の大手メーカーです。

2017年夏に日本上陸が明らかになりましたが、まだスマートフォンは日本では発売していません。ですが、それももうすぐ時間の問題でしょう。

現在、日本で中国スマートフォンメーカーといえば、Huaweiの力が大きいですが、同様の企業であるOPPOの日本上陸も決まったことから来年あたりには競争が激化すると考えられます。

SONYなどの日本メーカーにも頑張って欲しいですね。

 

 

Yeelight Voice Assistantについて

 Yeelight Voice AssistantはXiaomiから発売されるスマートスピーカーです。

写真の通り、外見はAmazon Echo Dotにそっくりです。目に見える違いとしては、本体上部にDotにはない音声ミュートボタンが有ることでしょうか。

性能としては、2Wのシングルスピーカーを備えており、5m以内からであればウェイクさせることができるマイク性能を持つようです。

1.2GHzのクアッドコアのプロセッサーと256MBのRAM256MBストレージを備えているようです。また、2.4GHzだけでなく5GHzのWi-Fiに対応しています。

※Echo Dotは1.3Ghzプロセッサー,256MBのRAM、4GBストレージです。

 

Microsoft Cortanaを搭載している??

 Yeelight Voice Assistantに搭載されるのはAlexaではなくCortanaだとされています。

XiaomiはMicrosoftとパートナーシップを昨年結んでいることから推測されています。

CortanaはWindowsユーザーの人ならご存知だと思いますが、Microsoftの音声アシスタントです。ぶっちゃけ、Windows10でのCortanaはいらない子ですが(笑)、スマートスピーカーとなることでどう化けるんでしょうか?

 

Cortana搭載のスピーカーはまだ日本では発売されていませんが、米国ではすでに販売されているようです。日本語には対応していませんが、一応日本アマゾンで出品されていました。

最後に

Amazon Echo、Google Homeに加えて、AppleのHomePod、MicrosoftのCortanaとIT企業四天王全てがスマートスピーカーをいずれ日本でも発売することになるでしょう。

これは、やはりスマートスピーカーの先見性、将来性を各社が高く評価していることに他なりません。

早めにスマートスピーカーを手に入れておいたほうが良いかもしれませんよ(笑)