ガジェット好きは賢く生きたい

ガジェット(特にAmazonEcho)の情報を発信します。

Amazon Echo 3機種どれを買うべきか徹底比較 【dot】【Plus】

サムネイル

現在,Amazon Echo は3機種発売していますが,どのような違いがあるのでしょうか

まだいずれの端末も購入していなくて,どれを購入すべきか迷っている人はぜひ本記事を読んで選択の参考にしてください。

 

簡易比較表

  Echo Dot Echo Echo Plus
価格 ¥5,980 ¥11,980 ¥17,980
スピーカー
高さ 32mm 148mm 235mm
重量 163g 821g 954g
スマートホームハブ機能 × ×

 

Echo Dot 

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

 
こんな人におすすめ
とにかく安い方がいい
自宅のスピーカーに接続して使いたい
 
Echo Dot の何よりの長所は価格が安いことです。5980円と値段は安いですが、Echoとの違いはスピーカーのみで、機能的には全く同じです。
スマートスピーカーの使い心地を確かめる目的で買うのも良いかもしれません。
Echo Dot の唯一の弱点は、スピーカーの音質が悪いことです。
家電の操作をするなら全く気になりませんが、音楽をヘビーに聞くなら物足りない!
しかし、その弱点もEcho Dotを外部のスピーカーに接続することで解消することができます。ちなみにこの機能はGoogleHomeには搭載されておらず、Amazon Echoのみの機能です。
また、3機種の中で最もコンパクトなので、自宅のスピーカーに接続して使用するつもりなら、目立たず使えるので、Echo Dot が一番おすすめです。

Echo 

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

 
こんな人におすすめ
あまり電子機器は得意ではない
これ一台で完結させたい

 

Echoはスマートスピーカーの入門用にピッタリのデバイスです。値段は11980円と少し高いですが、Echoはオールインワンのデバイスなので、よくわからない人はこれを買えば間違いはありません

安いEcho Dot との違いはスピーカーの性能のみです。しかし、スピーカーの性能は Dotとは雲泥の差です。Echo Dot に6000円上乗せしてこれだけのスピーカーが手に入ると考えれば、安いといえます。

Echo はBlutoothスピーカーとしても使用することができるので、一台そこそのこスピーカーが欲しいなと思う人にもおすすめです。

Echo Plus 

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック

 

 

こんな人におすすめ
スマートホームハブ機能が必要である
これから本格的にスマートホーム化したい

 

Echo Plus はAmazon Echo のデバイスの中で最上位の機種です。価格も17980円と最も高いです。

普通のEcho にスマートホームハブの機能を搭載したものが、Echo Plusだといえます。

そのため、スマートホームハブが必要な人以外は買う必要はないと断言できます。

スマートホームハブは、AlexaでPhilips Hueの電球などを操作するのに必要なものです

しかし、Hueの電球はとても高く (3000円ほど) 、気軽に設置できるものではない上、照明の操作いがいにはあまり使いみちがありません。

7000円程度のIoTリモコンを購入したほうがリーズナブルでしょう。

しかし、スマートホームハブは単品で買えば10000円ほどするものであり、今ならEcho Plus を買うと一個3000円ほどのPhilips Hueの電球がついてくるので、実質4000円でEchoが手に入ると言えるので、お得であることは間違いありません。

現状、zigbeeなどの通信規格に対応した電化製品は照明ぐらいですが、将来的には、様々な家電がIoT化するとも考えられるので、先行投資としてEcho Plusを買っておいても良いかもしれません

終わりに

以上、3機種の特徴についてそれぞれ書きました。ぜひ、購入の際の参考にしてみてください。

なお、いずれのEchoを買っただけでは、エアコンなどは操作できません。対応したIoTリモコンが必要となります。これはGoogleHomeを買った場合でも同様です。

 

IoTリモコンのeremoteの使い方について以下の記事にまとめましたので、ぜひご参照ください。

www.tomot-gadget.xyz